「パープルライトアップ」の実施について 「パープルライトアップ」の実施について


海峡ゆめタワーでは、11月12日(火)に女性に対する暴力根絶運動のシンボルであるパープルリボンにちなんで、夜間のタワーライトアップを「レッドブルー(※)」で点灯します。

  この取り組みは内閣府男女共同参画局が行っているもので、海峡ゆめタワーの他にも、東京タワーなどの日本全国約20の施設がパープル・ライトアップを実施します。
 また、運動期間の初日である11月12日(火)には、日没とともに北海道から九州まで、全国の施設でリレーのように順次パープル・ライトアップが実施されます。

このライトアップを通し、暴力の根絶を呼びかけるとともに、被害者に対して「あなたは一人ではない!相談をしてください」というメッセージをお伝えします。

 (※海峡ゆめタワーのライトアップカラーに「パープル」がない為、近い色の「レッドブルー」を点灯します。)

【日時】

平成25年11月12日(火)
17時30分~21時45分

【内容】
海峡ゆめタワーのライトアップ(スリットカラーの変更)を
女性に対する暴力根絶運動のイメージカラー「レッドブルー(パープル)」に変更します。
【変更前】火曜日:グリーン →【変更後】レッドブルー(パープル)

【その他】
イベントの詳細は、下記の「内閣府男女共同参画局」ホームページ内の、「平成25年度 女性に対する暴力をなくす運動について」を参照ください。
ホームページアドレスは以下のとおりです。

http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/no_violence_act/index.html